信州 上諏訪温泉 しんゆ

ちょっと横道に逸れた話なんですけど
長野県って 南北に長いでしょ。

北の中心が長野市で県庁所在地
善光寺の門前町です。

南の中心が松本市で
国宝 松本城のある城下町ですね。

で この長野と松本
犬猿の仲なんだそうです。

特に南部は 県庁所在地争いに敗れて
長野県 とは絶対に(とまでは言い切れない)言わないんですね。

何ていうかというと 信州。




1日 15,000キロリットル 湯量豊富な上諏訪温泉

上諏訪温泉しんゆ

僕の父の生まれ故郷

正確には隣の茅野市ですが
県境に近いところ。

なので今でも叔父や従妹が住んでいます。

そんな関係で仕事がてらよく行くんですが
冬は寒い。

昨年(2017年)の12月22日に行った時には
少し凍っていたんですけど
日中 暖かかったのでほぼとけてしまったようです。

上諏訪温泉しんゆ

僕が子供のころは毎年 全面結氷して
スケートリンクができていたりして
スケートをしたもんです。

それが最近は全然 凍らなくなってしまって。

今年は全面結氷したようですが
果たして御神渡りはできるのか。

↓ 御神渡りとは

https://www.city.suwa.lg.jp/scm/dat/special/omiwatari/

↓ ドームのようなのはワカサギ釣り用のドーム

諏訪湖畔の宿 上諏訪温泉しんゆ

そんな諏訪湖畔にある宿 しんゆ

しんゆ は、今もある
蓼科温泉の老舗ホテル 親湯ホテル&リゾート

https://www.tateshina-shinyu.com/index.html

が経営する諏訪湖畔の宿。

区別のために 蓼科は 親湯
上諏訪は平仮名で しんゆ としてるのかな。

定かなことはわからないけど。

そんでもって この宿のすごいところは
客室稼働率の高さ。

温泉旅館の平均的な客室稼働率は
40%程度と言われている中
なんと90%くらいの稼働率なんだそうです。

人気の高さがうかがえますね。

60℃ 1日50トン(想像がつきません)の自家源泉

しんゆ は自家源泉を持ち
60℃ 1日50トンの温泉が溢れています。

以前あった宿を買収してのオープンなので
施設にはやや古さを感じますが
それを補って余りあるホスピタリティの宿です。

また露天風呂付きのスイートルームが
2名1室で平日25,000円~ というのもうれしいですね。

https://www.kamisuwa-shinyu.com/

上諏訪温泉が目的は少ないかもしれないけど

まあ でも上諏訪温泉が目的 というのは少ないかもしれないですね。

霧ヶ峰や白樺湖・蓼科
お城ブームから松本城を見学したついでとか。

でも 見ようによっては
上諏訪・茅野も見るところがあるんですよ。

僕の好みでいうと 酒蔵 味噌蔵見学。

見学ついでに買ってくる。

それから美術館も多いですよ。

食べることではなんといっても そば ですね。

諏訪に行ったら そば は外さないでほしいな。

まとめ

上諏訪温泉での宿泊には
しんゆ を候補に入れてみてください。

外国人は比較的少ないようですから
のんびりゆったりくつろげると思います。

※ロビーのコーヒーがおいしいです(^_-)-☆




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする