男の安い着物 安い着物でも十分に着こなせる

安い着物を着ていると、なんだ 安物着てるな と思われる
なんて心配していませんか。

確かにお金を持ってて、何十万 百万単位の着物をきている人もいます。

2014年の統計だけど、日本で年収1億円以上の人は 17,348人
人口比で たった0.013%。

富裕層のグループに所属しているのでなければ
出会う可能性は極めて低い と言えるでしょう。




男の安い着物 安い着物でも十分

男の安い着物

男の安い着物 安い着物でも十分 普通の人が着ている

ということはですねぇ
街で出会う着物を着ている人達って、まあ 普通の人 なんですよ。

クラシックのコンサート
歌舞伎
お芝居
お茶会

なんかには 上流階級の方達が高価な着物を着て、居るかもしれません。

でも 普通に普通の人が着ている分には
化繊だろうが
古着だろうが
男が女物を着ていようが

帽子かぶろうが
サンダル履こうが
スニーカー履こうが
上にジャケット羽織ろうが
今はもう まぁ~~~ったく自由。

今持っている物と着物を組み合わせたって何の問題もありません。

ただ そこに踏み出せる勇気があるかないか これだけです。

男の安い着物 安い着物でも十分 とにかく着てみよう

↓ こちらで着物を揃えることができたら

風来坊は反物から仕立てた高級品(それでも安め) というのは 単衣のアンサンブル 1着しか持っていません。 その他は すべて 既製品か...

さっそく着てみましょう。

着方は色々な本が出てるので、特にこれ ってお薦めはないけど
やっぱり呉服店の店主が書いてる ↓ これかな

これ読めば まあ誰でも着ることができるでしょう。

そして玄関から外に出てみる。

男の安い着物 安い着物でも十分 街に出てみる

歩いて駅に行く
バスに乗る
電車に乗る
繁華街に行ってみる

ただ 歩いているだけでいいんですよ。

人がどんな反応を示すか。

間違いなく 普段よりは俄然多くの視線を感じるはず。

普段より多く と言っても、普段はよほどのイケメンでもない限り
他人の視線を感じることは まあ ないでしょうね。

また 着物を着て出かけようと思った時に
一つには コミュニティに参加する って方法があります。

自分一人より大勢でいた方が安心 という 極めて日本人的な考えですね。

↓ こんなの楽しそうですね

https://www.facebook.com/kimono.de.ginza/

↓ こちらはメンバーが若そうです

https://www.facebook.com/events/1390358394544351

でも これにも不安があることはあります。

そういうコミュニティには必ず上級者がいます。

上級者というのは、高い着物を持っているかどうかはともかくとして
たとえ安い着物でも、自分で直したりして上手に着こなしている人。

風来坊もそうだったけど、やっぱり気後れしちゃうんだよねぇ。

なので 別にそんなコミュニティに入らなくても
と思えば 一人で街に出ちゃえばいいんだよ。

男の安い着物 安い着物でも十分 着崩れが心配

着物って 動いてるとどうしても 着崩れるんだよね。

着崩れを心配するのはごもっとも。

風来坊も最初の頃は気になって仕方なかった。

でも 慣れてくるとね、別に 少しぐらい着くずれてたっていいじゃん
って開き直れるようになった。

要は 着物の着崩れなんて当たり前なんだ。

着物は着くずれるもの と思ってしまえば気にならなくなるよ。

もっとも 大きく着崩れた時は直さなきゃいけないけど、多少は目をつぶろう。

着崩れの直し方も ↓ この本に書いてあるから

↓ リサイクル着物はネットでも買えるよ

↑ ここの赤坂店は風来坊もよく利用してたけど8月で閉店だって。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする