シンガポール チャンギ国際空港




シンガポール チャンギ国際空港 やっぱ使いやすい

昨日は チャンギの話しが
スワンナプームの悪口になってしまいましたね。

シンガポール チャンギ国際空港

シンガポール チャンギ国際空港

シンガポール チャンギ国際空港

今日は チャンギのトランジットホテルと
隣接の クラウンプラザホテルの話し。

シンガポール チャンギ国際空港
空港の制限区域内のトランジットホテルが
アンバサダートランジットホテル

トランジットホテルなので
何もなく 部屋が並んでいるだけですけど
ホテルから出れば
すぐに レストランなんかがいっぱいあるエリアなので
何の不自由もないですね。

シンガポール チャンギ国際空港
一方 クラウンプラザは
羽田で言うと 東急ホテル のような感じ

チェックインカウンターのある場所から
直結で フロントに入れます。

どちらも 泊まったことがありますが
クラウンプラザはいいですね。

他の 東南アジア では考えられない
ボーイの対応

さすが シンガポール

シンガポール チャンギ国際空港
空港内 ほとんどのお店で
日本語が通じます。

スワンナプームと大違い
国の政策として
観光客 トランジット客を大事にする姿勢が
現れていますね。

そこ行くと タイ は 面白い国ではあるけど
観光客を大事にする
という意味では 全然 なってない。

空港ですぐにわかりますね。

空港ホテルもあるけど
直結では入れないし
荷物を持って外を歩くのは
ちょっと無理な距離。

シャトルバスはあるけどねえ。

場所 いくらでもあるんだから
直結でできるでしょうに。

ドンムアンの方が 連絡協を渡れば歩いていけたので
まだ良かった。

まあ 遊びに行く国としては
シンガポールよりタイの方が
断然 面白いから仕方ないか。

それにあぐらをかいているような気がするけど・・・









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする