着物を着た時 襦袢の袖が長着の袖から出てしまう

風来坊が着物を着る時に一番気を付けているのが
襦袢の袖が長着の袖から出る これなんだね。

そんなに気にしなくていいよ って人もいるけど
風来坊はダメなんだよね。

今スーツだとワイシャツの袖が,スーツの袖からかなりはみ出ている人
(見た目5センチ以上も)が多いけど,風来坊 これもダメなんだな。




襦袢の袖が長着の袖から出る

襦袢の袖が長着の袖から出る

襦袢の袖が長着の袖から出る ジャストサイズ

ワイシャツの場合は,少し(1~1.5センチほど)出すのがいいとされてるね。

カフスボタンとか袖口をチラッと見せるのがお洒落,と言われている。

もう一つは スーツの袖口が直接肌に触れるのを防ぐ,という意味もある。

では着物は というと,風来坊としてはジャストサイズ
ほんの少しだけ(数ミリ)襦袢の方が短いとかっこ良いんじゃないかな。

襦袢の袖が長着の袖から出る

襦袢の袖が長着の袖から出る

襦袢・長着・羽織とすべて誂えれば
ジャストサイズになりそうなもんだけど・・・

でも実はこれが難しいんだよね。

襦袢の袖が長着の袖から出る 体型の問題

なぜそうなるのかわからないけど
人って 腕の長さが 左右で違うことが多いでしょ。

風来坊は右利きで,野球やってたせいか(そうかどうかはわからないけど)
右腕の方が長いんだよね。
で 右肩が下がってる。

それで どういうわけだか右だけ襦袢が出ちゃうんだよ。

右が長かろうが,肩が下がっていようが
同じに作ってるんだからピッタリになるはずなのに。

で 誂えたかどうかにかかわらず
だいたい 右の襦袢の袖が出てしまうんだよね。

きっと風来坊と同じような人もいると思うんだ。

襦袢の袖が長着の袖から出る 着崩れ

これには着崩れの問題もあるかもしれない。

最初 襦袢を気を付けて着ていても
さっき言ったように右肩が下がっているから
襦袢も右が下がってきてしまうんじゃないかと。

一緒に長着も下がってきそうなもんだけど・・・

襦袢の袖が長着の袖から出る 解決策は

なので 風来坊は,出てるより引っ込んでたほうがまだいいだろうと。

そこでやってるのが,安全ピンで止めちゃう。

ただし 絽や紗 のような透けて見えるのはあんまりおすすめできないな。

麻くらいなら大丈夫かな。

これなら どんな長着にも気に入った襦袢を着ることができるでしょ。

あとは 襦袢と長着のセットが決まっているなら
襦袢の袖をつまみ上げて 縫っちゃう。
別に人前で脱ぐわけじゃないから かまわないでしょ。
( 特別な状況を除いて(^_-)-☆ )

襦袢の袖が長着の袖から出る とにかく野暮ったい

これは風来坊の個人的な考えだけど
とにかく 襦袢の袖が長着からはみ出すのは 野暮ったい と思う。

なので 着物を着る時にはできるだけ避けたいことの一つ。

古着屋さんで襦袢と長着を別々に買えば
避けて通ることはできない問題なので
簡単にできる方法で 対処してみてください。

↑ 赤坂店は8月いっぱいで閉店だそうです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする