スターウォーズ 来たぁ~~!! 全日空スターウォーズC-3PO

全日空が スターウォーズジェット を飛ばしてますね。
その中から 今日は 777-200 の C-3PO の 到着から出発までを動画でご紹介。
羽田空港 第二ターミナル 60番スポット。




スターウォーズ 来たぁ~~!!

スターウォーズ 来たぁ~~!!

★クリックすると音が出ます!ご注意ください。

エンジンの停止

右に曲がってくるところで,すでに左のエンジン(画面では右側)は止まってますね。

惰性で少し回っているのがわかると思います。

完全に停止して,車輪止め(ブロック)を置いた時間
これが時刻表上の到着時間(ブロックイン)
そしてすぐに電源をつないでいます。

つなぎ終わるとすぐに右のエンジン(画面では左側)を停止。

エンジン音が静かになっていくのがわかるでしょ。

機内の電源はエンジンの発電機から取っているので
エンジンを止めちゃうと電源がなくなってしまいます。

だから 駐機中は外部の電源を接続しています。

ボーディングブリッジの接続

スターウォーズR2-D2 二種

↓ 787-900

スターウオーズ 来たぁ~~!!

↓ 767-300

スターウオーズ 来たぁ~~!!

かなり慎重に動かしているがわかると思います。

飛行機は外部からの損傷に弱いので,ぶつけないように慎重です。

車のように ちょっとぶつけたけど
いいやこのまま飛んじゃえ って訳にはいかないんです。

パイロットの動きがわかる

コックピットのパイロットの動きがわかりますね。

この後 いなくなったのでここで交代したんでしょう。

左側(画面右側)が機長席,右が 副操縦士席

右のパイロットの肩に3本線の肩章が見えるようなので,副操縦士のようです。

副操縦士と言っても立派なパイロットですよ。

実際 定期便でも副操縦士が操縦していることは多いです。



出発

スターウォーズBB-8   777-300ER(国際線機)

スターウオーズ 来たぁ~~!!

さて ボーディングブリッジが外れて出発です。

この動画では映っていませんが
前輪の車止め(ブロック)を外した時刻(ブロックアウト)が出発時間になります。

↓ この記事でも

http://www.tabi-ramen.com/2111/
飛行機は自力でバックができないと書きましたが
実は飛行機,自力でバックできるんです。

滑走路に着地した時に急にエンジン音が大きくなりますよね。

いわゆる 逆噴射をして制動力を大きくしているわけですが
この逆噴射を使うと自力でバックすることが可能なんです。

ではなんで 出発の時トーイングカーで押してもらってバックするかというと

騒音

燃料

排気でまわりにあるものを巻き上げてそれをエンジンが吸いこむ

パイロットが後ろを見ることができない

などの問題があるので自力ではバックしないんです。

すぐに767-300が入ってきました

スターウオーズ 来たぁ~~!!

通常の日だと あまりこんなことはないんだけど
この日はお盆の帰省ラッシュの日。

スポットが空いている時間はほとんどなかったかな。

残念ながら この便は南方面(西方面)往きの便だったので
C滑走路ではなく,D滑走路から離陸していきました。




  


 
   

>




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする