昔の人は着物で暮らしていた 着物だからできない ってことはない

江戸時代以前の人達は、当然ながら 日々 着物で暮らしていたわけでしょ。

何から何まで着物を着てやっていたわけ。

職人なんかは、腹掛けに股引きに半纏(今のお祭りの衣装みたいな)
なんてかっこもあったけど、日常生活は着物だよね。




昔の人は着物で暮らしていた

20170812-2

昔の人は着物で暮らしていた 着物でエアロビクス

風来坊がジムに通っていることは、何回か言ってきたと思う。

それでね 最近は ハロウインとかクリスマス週間になると
仮装で参加 っていうのがあるんだよね。

まあ だいたいお決まりの仮装なんだけど
風来坊は着物で参加するんだよ。

着物でダンスなんかできるの? と思うでしょ。

それが全然 問題なくできるんだ。

袖がちょっと邪魔になるけど、これには たすき掛け という方法がある。

時代劇(最近は時代劇ないね)で
飯屋(飲み屋)の おねえちゃん なんかがよくやってるでしょ。

昔の人は着物で暮らしていた はしょる という方法も

昔の人は着物で暮らしていた

はしょる(端折る)

漢字で書くとわかりやすいかな、端を折る。

着物の裾を持ち上げて帯に挟む方法だね。

ステテコが見えちゃうけどマナー違反でもなんでもなく
昔の人は普通にやっていたこと。

これも時代劇には出てくるでしょ。

女性はさすがにここまでは出さないけど
多少は はしょってたみたいだよ。(着る時のおはしょりとは違う)

↓ はしょり方 たすき掛けのやり方も載ってるよ

昔の人は着物で暮らしていた 走るならわらじ(草鞋)

でも 草履や雪駄では走れないよね。

走る時はどうしていたかというと 草鞋(わらじ) だね。

または足袋だけ。

旅に出る時は 男も女も みんな草鞋履きだよね。

風来坊が小学校の低学年の頃は、運動会には靴ではなく足袋だった。

高学年になるころにはいい運動靴が出きて(みんなアキレス)ほとんど靴になったけど。

で ジムでダンス系の仮装の時も草鞋・・・

って うんなこたあないか。

ちゃんと靴だけは履いてるよ。

もちろん 草鞋なんて持ってないし。

昔の人は着物で暮らしていた そこまではともかく

まあね そこまではともかく(ジムで着物)
着物だからできないってことはないんだよ。

洋服やトレーニングウエアと同じように、何でもできちゃうのが 着物。

ただし 上等な着物の時はそうはいかないけど
上等な着物をきていくところでは激しい動きはしないでしょ。

だから 着物だと動きずらいとか、動きが制限されるとか
慣れればそんなことはないからどんどん着物を着てみようよ。

あとは 勇気だけ!!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする