男が夏に着物を着る 暑いと思うでしょ

関東の今年、7月中頃は暑い日もあったけど
梅雨が明けたとたんに梅雨になっちゃったって感じ。

それでも ここのところ暑さがぶり返してきたね。

で こんな暑い 日本の夏だけど、暑い夏だからこそ
着物(浴衣でなく)を着てみよう という話し。

ただ あくまでもちょっとその辺に出かけるときの話し。

せいぜいが ホテルのカフェくらいまでかな。

フォーマルなところに出かける時の話しではないので、その辺のところ よろしく。




男が夏に着物を着る

男が夏に着物を着る

男が夏に着物を着る 確かに暑いけど

夏に着物着る って言うと 暑いよ! って言われること多いです。

まあ 確かに暑いけど・・・

洋服なら ショーパンにTシャツ、タンクトップでもいいかもしれない。

でも 着物はというと

肌襦袢(洋服でいうところの下着)
ステテコ(長着のまつわり止め)
襦袢(洋服で言うと ワイシャツかな)
長着(ツーピースのスーツ)
羽織(スーツでいうと スリーピースの上着といったところか)

を着ることになります。

聞いただけで暑そうですね。

でもこれは 正式には というところ。

何も全部 着る必要はないわけで。

風来坊なんかは、夏は 深VネックのTシャツに(ランニングでも可)
すぐに長着を着ちゃいます。
見た目は浴衣に近いかも。

ステテコも はかない場合が多いかな。

汗っかきの人やまつわりが気になる人は
ステテコくらいは はいても、それほど暑くは感じないと思うよ。

Tシャツはメッシュ 長着は 麻にすれば 言うほど暑くないし。

見た目 着物らしく見せたければ
麻の襦袢もあるから、麻ならそれほど暑くはないよ。

で 素足に雪駄。

これで結構 ビシッと決まる。

男が夏に着物を着る 深VネックのTシャツにする理由

着物の本を見ると、浴衣の場合 ランニングを着る ってのが多いと思うんだ。

でも風来坊は 深VネックのTシャツにしてる。

理由は ランニングだと、肩に汗ををかいたとき長着がじかに触れちゃうから。

そうすると長着が肩にくっついちゃうんだよね。

麻だとそれほどでもないけど、風来坊 それが嫌なんだ。

別に気にしない人はランニングで問題ないよ。

深Vネックにするのはシャツの第2ボタンまで外すのと一緒。

下着がのぞいちゃうとちょっとかっこ悪いでしょ。

昔の人は 丸首を平気で着ていたけどね。

男が夏に着物を着る 帯はどうする

問題は帯だね。

正絹の角帯だと汗をかいても洗えないし、見た目も暑苦しい。

なので ↓ こんなのもあるよ。

男が夏に着物を着る

これ 何だったかな、何かの使い古したメッシュの素材で作った物だと思う。

見た目も涼し気でしょ。

後は やっぱり ↓ 麻の角帯。

男が夏に着物を着る

兵児帯もいいとは思うけど、風来坊は好きじゃないんだよね。

持ってないし。

でも 好みの問題だから、浴衣用の兵児帯も涼しそうに見えるからいいんじゃないですかぁ。

男が夏に着物を着る 雪駄を素足で

足元は 素足に雪駄で決まりでしょう。

下駄もいいけど ちょっとフォーマル
例えば ホテルなんかには履いていかない方が無難でしょうね。

男が夏に着物を着る

男が夏に着物を着る まとめ

おしゃれ とか 目立とう と思ったら 
暑い 寒い 着にくい 面倒 こんなことは少しは我慢しなくちゃね。

洋服でもそれは一緒でしょ。

着物を着る理由は人それぞれだと思う。

おしゃれ
誰も着ていないから目立つ
人と同じが嫌い
日本の伝統を守る
などなど

風来坊が着物を着る理由?

目立ちたい!!

これだけだね アハハ

超イケメンのあなたが着物で街を颯爽と歩いたら、みんな振り返ること請け合い!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする