これからの日本で不動産(負動産)を買うリスク

あなたはすでに住宅ローンで
家を購入してしまったのかな。

それとも これから購入しようと思っているのかな。

すでに購入してしまった人も
これから買おうとしている人も
ちょっと考えてみてください。

これからの日本を考えた時
ほんとに不動産を
借金して買っていいの? と。






日本で不動産(負動産)を買うリスク

日本で不動産を買うリスク

日本で不動産(負動産)を買うリスク 40年以上も前の話し

風来坊はもう 自宅兼店舗は 売ってしまいました。

その土地は 昭和55年(1980年)から少しずつ買い始め
隣接した土地が売りに出て
買い足していった という土地。

最終が昭和60年(1985年)

バブルが始まる少し前で
最初に買ったのと
ほとんど同じ価格でした。

で 最初に買ったときの金利は
今では考えられない

8%

ですよ。

20年ローンで 完済すると
借りた金額の 倍以上 支払うことになります。

何でこんな金利で借りて
みんな家を買ったかというと

土地は値上がりするもの

という土地神話があったからですね。

事実 それより前の
1970年以前に買った人は
何倍にもなっています。

風来坊もバブルの時に売っていれば
何倍にもなってたんだけどね・・・

だから 不動産を借金して買って良かったのは
なんと もう 40年も前の話しなんですよ。

日本で不動産(負動産)を買うリスク いまだに買わせようとしている

建設関連って 風来坊もそうだったんだけど
裾野が広いんですね。

一番は銀行ですかね。

その他 住宅関連の業種は
山ほどあります。

だから景気対策上
外すわけにはいかないんだよね。

だから ダメなのをわかってて
ローンで住宅を買わせようとしているんです。

でも 家を買おうとしている人のほとんどが
そのことに気が付いていない。

終の棲家 がほしいわけですよね。

家を持っている というのは
一種のステータスですから。

だけど 本当に ローンで買った家が
ローンを完済したころに
終の棲家になるんだろうか?

風来坊は どうなの? と思いますよ。

日本で不動産(負動産)を買うリスク 車が運転できなくなる

老人の運転する車の交通事故が多発しているよね。

風来坊も 80才になったら返上するつもり。

でもね 私の叔父がそうなんだけど
車がないと どこへも行けないところに住んでいるわけです。

叔父は89才だけど
いまだに運転しています。

でねでね まあ元気は元気なんで
たまに行くと
飯食いに行こう
と車で出かけるんです。

まあ 恐いのなんの。

風来坊の親父もそうだったけど
本人 上手なつもりなんだよね。

教習所でこの年齢では素晴らしい
とか何とか褒められちゃって
その気になっちゃう。

話は横道にそれたけど
要は 近くに何もないところだと
生活できなくなるんです。

日本で不動産(負動産)を買うリスク 売るに売れない

今でも 郊外の一戸建てから
駅近のマンションに引っ越す高齢者が増えているけど
郊外の一戸建て(マンションもそうだけど)
売れないんだよね。

特に 私鉄の駅からバスで30分なんていう
大規模住宅地や大規模マンション群は
もう まず売れないでしょ。

風来坊 今の本業のチラシを自分で配ってるけど
最近できた郊外の住宅地でも
空き家がたくさんあって売りに出てるけど
売れてないよ。

ちょっと古い住宅地だと
もうほんとに空き家だらけ。

草ぼうぼう 木の枝は伸び放題
なんて家がたくさんある。

隣の家はいい迷惑だよ。

日本で不動産(負動産)を買うリスク 駅近のマンションも

風来坊の住まいは賃貸マンションで
駅(地下に3線乗り入れ)の入り口まで
30秒という好立地。

それでも 35室のうち
今 4室が空いてるよ。

ちょっとうるさいけど
歩いて数分で まあ何でもある。

うちのマンションだけでなく
近所のマンションも空き家だらけ。

ちょっと離れると空き家はあるし
アパートの空きなんて
腐るほどある。

すぐの湘南台駅は
本当に便利なところ。

横浜駅まで 相鉄の特急に乗ると 24分
横浜の中心街 関内には 地下鉄で 35分
新宿まで 小田急で50分

この3線は まず座っていける。

東京駅まで 戸塚乗り換え 東海道線で 50分(乗り換え時間含め)

そんな便利なところで この状態ですよ。



日本で不動産(負動産)を買うリスク 一番のリスク

風来坊 日本で不動産を買う
一番のリスクと思っているのは
日本の原発ではなく

韓国と中国の原発

原発って そのほとんどが沿海部にありますね。

韓国も中国も例外ではありません。

韓国と中国の原発 すでにたくさんあって
今でも建設が進んでいるんですよ。

あのデタラメな国の原発 信用できますか?

もし何かあれば・・・

偏西風に乗って
放射能が日本を襲う と言われています。

まあ これは風来坊の個人的な考えなので
あなたがどう思うかは別ですよ。

そんなことは起こらないかもしれないし。

なので 風来坊は 日本で不動産を買うつもりはありません。

買っても お金が余ってて
現金で買って
損してもいいや という時だけ。

日本で不動産(負動産)を買うリスク 負動産をつかまないために

そうは言いつつも
風来坊もやっぱり日本にいるのが一番いいな と思う。

色々なリスクを考えたうえで
なおかつ 日本で自宅用の不動産を欲しい
投資用の不動産が欲しい
と考えるなら
慎重に行動した方がいいです。

買ったはいいけど 売るに売れない不動産。

投資用に買ったのに 投資にならず
逆にお金が出て行く不動産。

これらを揶揄して 今 不動産ではなくて

負動産

と言われるようになってしまいました。

そんな負動産をつかまないために
しっかりと勉強してから買ってください。


日本で不動産を買うリスク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする