小学生の時に集めてた切手帳が出てきた 大したのないけど

風来坊 小学生の時に切手集めてたんだよね。

当時 結構流行っていて

月に雁
見返り美人
市川海老蔵

等が高値で売られていたと思います。

風来坊は全部持ってたけど
売っちゃったのかなぁ

今 ない。




小学生の時に集めてた切手帳

小学生の時に集めてた切手帳

小学生の時に集めてた切手帳

小学生の時に集めてた切手帳 今と値段 変わらないみたい

今回 引っ越ししたら
出てきた切手帳。

小学生の時のだから
12才にしても
もう50年前。

興味を持って調べてみたら
なんと 買い取り価格は
当時と変わらないか
安いくらい。

実売価格はもっと高いようだけど
こういう物って
なんだかなぁ って感じだよね。

趣味の世界なので
金額じゃあないんだろうけど
それにしても 安すぎると思わない?

小学生の時に集めてた切手帳 当時 株を買っていたら

まあ 小学生だから 株なんか買えないだろうけど
例えばの話し
当時(もう少し後かな)
風来坊の父がやっていた金物屋で
マキタが株式公開して
販売店に割り当てられて
その時に父も買ったんだよね。

先見の明がなかったんだろうね
だいぶ上がったところで売っちゃって
それはそれで儲かったんだろうけど
今まで売らずに持っていたら
いったい 何億円になっていたんだろうか。

土地もそうだよね。

もう 土地も株も
そんなことがある時代じゃなくなっちゃったけど
当時 株や土地を買って
売らずに持っていた人はいたわけで。

それに比べると 切手 や コイン って
情けないねぇ。

まあ 眺めて楽しんでいるんだから
それはそれでいいんだろうけどね。

小学生の時に集めてた切手帳 未使用の切手もある

小学生の時に集めてた切手帳

小学生の時に集めてた切手帳

たぶん 金額にはならないと思うけど
未使用の切手も何枚かあるよ。

ちなみに 昭和39年の
お年玉年賀切手シート

調べたら 80円~250円とか・・・

額面が5円だから
倍率としては4倍~12倍だけどね。

小学生の時に集めてた切手帳

小学生の時に集めてた切手帳 国鉄時代の硬券も

集めてたものとしては
どこかにしまいこんじゃって
どこにあるかわからないけど(たぶんベッドの下 引っ越ししたときに見た)
昔の国鉄時代の硬券。

昭和40年代前半のがほとんどかな。

46年以上前だね。

今のようなペラペラの切符じゃなくて
厚手の切符。

こっちの方が価値があるかも。

なにしろ 駅名が変わっちゃったりしたのがあるから
今は無き駅名の切符があるからね。

鉄っちゃんは大勢いるから
欲しがるかも(期待を込めて)

長野県の現 白馬駅

昔は 信濃四ツ谷(昭和43年10月1日改称)

新潟県の現 妙高高原駅

昔は 田口(昭和44年10月1日改称)

そんな名前の硬券がたくさんあるんだ。

列車名と料金が印刷されている
いわゆる 列車名常備券 というのもあるから
結構な金額になるらしい。

喫茶店のマッチの空き箱もたくさんあるよ。
(これは大した金額にならないみたい)

次回引っ越しするときに
写真に撮ろう。

【ふるさと切手】 「鹿児島県」 地方自治法施行60周年 記念切手シート 平成25年(2013年)【ふるさと-125】
by カエレバ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする