ネットショップ経験者が語る ネットショップを構築するなら楽天?独自ショップ?

風来坊は2016年暮れまで
独自のネットショップをやっていました。

かなりニッチな分野で
長年やってきたので
ほとんど何もしなくても
そこそこ売れていたんですよ。

今日は そんな経験者の風来坊が
ネットショップについて
語って見ますね。




ネットショップを構築する

ネットショップを構築する 経験者が語る

ネットショップを構築する

ネットで ネットショップを作る って検索すると
上位はほとんどが
構築を手助けする業者とか
アフィリエイトサイトでしょうか。

風来坊のような
経験者の話しは
なかなか上位には表示されません。

お前もアフィリエイトだろ!

と言われれば まあ そうなんですけど
違いは

経験者

ということ。

しかも 片手間でやっていながら
結構売ってました。

ドメインはもう更新していないので
ショップやメインのブログは

指定されたページが見つかりませんでした。

になりますが
今でも 道具屋五味商会 で検索してもらうと
アメブロ等の無料ブログは残っているので
こんな感じか とわかってもらえると思います。

建設業者相手の かなり ニッチな分野なので
一般的とは言えないかもしれないけど
それでも ※コモディティ商品は多く
競争も激しい環境でしたよ。

そうでない 独自に発掘した商品もありましたけど
売れるのは コモディティ商品の方が多かったですからね。

※コモディティ商品
商品相場の しょうず(小豆 あずき 相場では しょうず という)
とか金とかのこと。
それから転じて
一般化して差別化がしにくくなった商品のことを言うようになった。

独自商品は逆に 名前が知られていない分
知名度がないので 売れない
ということになります。

今 風来坊がやってる
↓ クリーンライブ

http://www.cleanlive-shonan.jp/

なんて典型だね。

みんなが知ってる商品は競争が激化
知られていない商品は売れない

また みんなの知っている 楽天とかのモールでは
多くの競合の中に埋もれてしまう。

アマゾンなんかそうですね。

価格だけでしか見てくれないし
そもそも アマゾンは
買う側のお客にとってみれば
各ショップで買った
という感覚を持てない。

アマゾンから買った
になってしまいます。

しかし 独自のドメインを取って
独自のショップを作ってみても
検索で上位表示されるようにするには
並大抵のことじゃない。

検索で上位に表示されなければ
それはもう

あなたのショップはないのと同じ

このジレンマをどう解決するかが
ショップ経営の肝になるわけ。

ネットショップを構築する モールと独自ショップ

ネットショップを出そうとするときに
一番最初に悩むのが
モールに出すか独自のショップを構築するか
ですね。

モールというのは
楽天 や さっき言ったアマゾンのような
ショップがたくさん集まっている場。

実店舗で言えば
郊外のショッピングモール。

モール自体に集客力があり
検索で上位に表示されるのも
モールがほとんどです。

例えば トマトジュース通販
で検索すると
アマゾン 楽天 ヤフー
価格ドットコム

もうほぼ モールか大手通販サイトが独占していて
ここに 独自のショップが入り込む隙は
最早ないでしょう。

できる手段としては
広告ですが これも大手が独占していて
表示させるようにするには
高額の広告料が必要になります。

でも 1ページ目に

Nakano Farm という北海道のメーカーが表示されています。

https://www.nakano-farm.com/

これは nakano-farm.com というドメインが
かなり強いドメインとして
グーグルから認められていることをうかがわせますね。

強いドメインとは
このドメインの記事は
検索した人にとって
役に立つ記事を書いている
とグーグルが認めた ということになります。

今 それくらいグーグルの精度は高くなっています。

ネットショップを構築する どちらがいいのか

では モールと独自ショップ
出すならどちらがいいのでしょうか?

残念ながら これは一概に言えない
と言うのが結論です。

何だよ!!

ですよね。

ちなみに風来坊は
メインは独自ショップでした。

これは 独自に発掘した儲かる商品を持っていて
この商品のページを上位に表示させるのは
比較的 簡単だったから。

そうなると 自然と gomisyokai.jp というドメインが強くなって
コモディティ商品も
上位に表示されやすくなるからです。

逆に言うと
そういう商品があれば
モールでも目立つことができます。

どちらかと言えば 最初はモールに出店した方が
簡単は簡単ですよね。

お金さえ出せば
モール側がなんでもやってくれますから。

でも 言っちゃあなんですけど
モール側にお金を吸い取られますし
モールの場合
顧客情報を自由に使うことができません。

これが一番のネックじゃないでしょうか。

そりゃそうですよね。

モールで獲得した顧客を
自社のショップに引っ張って行かれたら
モールの存在価値がなくなる危険がありますから。

顧客情報というのは
商売をやっていく上での最重要情報です。

江戸時代の商人の家には 必ずあったと言われる大福帳(今でいう顧客名簿)

火事の多かった江戸時代の江戸で
火事で無一文になっても
大福帳さえあれば
商売を再開できた
と言われています。

だから火事の時に一番に持ち出すのが

大福帳

それくらい 顧客情報は大事なもの。

それを やすやすとモールが渡すわけがありません。

ネットショップを構築する 独自ショップを構築する

あなたが じゃあ 私は独自ショップにしよう
と思ったとします。

独自ショップと言っても色々な方法がありますが
まずは 独自のドメインを取ることは 必須 です。

あなたの商売に関係あるスペルで取ります。

WWW.以下ですね。

そして .com ではなくて できれば .jp で取りたいです。

なぜなら .jp は 日本独自のドメインだから。

日本でネットショップを展開するなら
.jp で取ってください。

本当は .co.jp がベストですが
価格が高くなるので .jp でいいでしょう。

風来坊の仕事でいうと

http://www.cleanlive-shonan.jp/

の cleanlive-shonan.jp の部分です。

次に 一番簡単な方法は
すでにパターンができているショッピングサイトを
レンタルする方法。

↓ こんなのとか

http://www.makeshop.jp/ (GMO)

これは レンタル料がかかりますが
すべてできているので
あとは自分で商品を追加していくだけ。

ど素人の風来坊は やはりこの方法を使いました。

結果 3,000アイテムを自分で載せていきました。

3,000アイテムじゃあ 少ないんですけどね。

まあ 大変っちゃあ大変でしたけど
おかげ様で このショップでは
かなり儲けさせてもらいました。

他には 自分で作る という方法です。

これは知識がかなり必要になりますから
風来坊にはできません
というか 最初からやる気がありません。

でも 風来坊の店には 知識豊富なスタッフがいたので
レンタルが終わった後は
彼女に作ってもらいました。

それが EC CUBE

これはかなり使われていて
EC CUBE でサイト構築を代行する業者もたくさんあります。

独自でサイトを作るのは この2つが主流でしょう。

ネットショップを構築する モールに出店する

風来坊はモールにも出店していました。

まあ モールはあまり力をいれていなかったんだけど
自然に売れちゃう って感じでしたね。

ニッチな分野ってこともあるけど
ここはやはりモールの力なんでしょう。

中でも風来坊お薦めは なんと言っても 楽天 でしょうね。



風来坊はよくわからないけど
アマゾンはどうなんでしょうか?

買う立場から見ると便利なんだけど
ショップとして出店して
果たして儲かっているんだろうか
と思うよね。

もう ほとんど選択肢は値段だけ
って感じがするので。

で 後で同じ店から買おうと思っても
探しゃあ 探せるんだろうけど
どの店で買ったんだかわからないでしょ。

お店から買ってるんじゃなくて
アマゾンから買っている感覚って言うのは
そんなところに原因があるし
価格の競争では儲からない。

結果 やはり大手にはかなわない
ということになってしまいます。

なんだかんだ言っても
楽天は日本のパイオニアだし
圧倒的な集客力を持っているからね。

サポートも充実しているし
最初に始めるには
楽天が一番いいと思う。

ネットショップを構築する ブログとYou Tubuは必須

実は 風来坊の今の仕事
クリーンライブは
某大手介護業者と提携して
楽天にサービスを載せてもらっているんだ。

そのなかで You tubu も組み入れているんだよ。

ネットショップで物やサービスを売ろうと思ったら
モールでも You Tubu は必須。

独自ショップだったら
ブログとYou Tubuをやらなかったら
今や 商品は売れない と思った方がいいと思ってください。

なぜか?

すでに市場には商品が溢れています。

溢れている なんてもんじゃない
じゃぶじゃぶに溢れだしている状態。

そんな市場に 今から参入して
ショップだけで売ろう なんて 甘い としか言いようがない。

でも まだまだ ブログ You Tubu は
市場が空いているんだ。

あなたはこの記事を何で見つけたのかな?

検索して表示されたのをクリックして見ているんでしょう。

これは 風来坊のブログの記事の一つ。

ブログは 記事の一つ一つが
検索対象としてグーグルからインデックスされているんだ。

1、売りたい商品の記事をブログに書く。

2、上位表示される。

3、クリックして見る

4、気に入ったらショッピングサイトに行って買い物する

こういう流れを作らないと
競争が激しい中 売れるようにはならないんだ。

それに You Tubu を組み合わせる。

風来坊の道具屋五味商会は
さっきも言ったように
ドメインを更新していないから
ブログもショッピングサイトも表示されないけど
You Tubu は今でも表示されているんだよ。

↓ こちら

https://www.youtube.com/my_videos?o=U

You Tubu は ブログよりもさらに市場が空いていて
風来坊の動画は
You Tubuにアップすると
瞬時に検索で表示されていたんだ。

You Tubuはグーグルの傘下だから
You Tubuをやらないというのは
自殺行為と言ってもいいくらいなんだ。

でも やっている人はまだ少ないと言うのが現状。

さらに道具屋五味商会のブログは
1000記事近く投稿していたから
ブログ経由で買い物するお客さんも多かった。

あなたも ブログで商品を一つ一つ紹介して
100商品も投稿すれば
必ず(やり方さえ間違わなければ)上位に表示されるようにできます。

ただ やり方はあるので
そこは専門家に教わった方がいいです。

自己流で見様見真似でやっても
決してうまくいかないですよ。

ネットショップを構築する 中古品買い取り・販売

風来坊は中古品の買い取り・販売もやっていたんだ。

これは本当に儲かる!

商品知識が豊富にあったし
産地に定期的に足を運んで勉強もしていたし。

だから この商品はどれくらいの価値があるか
というのを熟知していたのと
自分で修理ができたから。

あなたがもし 中古品のある商品を扱っていて
商品知識があるなら
中古品の買い取り・販売をやるべきだよ。

風来坊は実店舗でも ネットの店舗でも売っていて
買い取りも両方やっていた。

今は風来坊の業界も
かなり中古品の買い取り競争が激しくなっちゃったけど
少し前はまだ ブルーオーシャン と言っていいくらいだった。

中古品というのは
買い取りさえできれば
売るのは簡単。

特にオークションに出せば
本当に簡単に売れるんだよ。

中古品を扱うには
古物商の許可がいるから
許可は取ってね。

個人でもそれほど苦労することなく取れるから
勉強の意味でも自分で取ることをお薦めします。

どうしても時間がない人 自信がない人は
行政書士に代行を頼むとかして
必ず許可を取ってくださいね。

ネットショップを構築する まとめ

そうですねぇ

ネットショップを始めようと思ったら
①まずは楽天から。

「売れる」ネットショップ開業なら楽天市場

お申込みはこちら

②様子を見て 独自ショップを展開

③ブログとYou Yubuで認知度をアップ

④中古品のある商品なら 中古品の買い取り・販売をする

ショップ内のコピーも重要なので
コピーもプロに任せた方が本当はいいんですけどね。

そうなるとお金がかかり過ぎます。

なので まずは自分でコピーを書いてください。

売れるコピーライティングの方法も
ネット上で見つかりますから。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする