新設法人も持って便利 新設法人でも持てるガソリンカード

もしあなたが新たに法人を設立して事業を開始した。
あるいは 個人事業主として事業を始めた。

特に車での営業や
仕事に行くのに車を使っていて
ガソリンの給油をその都度 現金では面倒
と思っているなら
ガソリンカードが欲しいところですよね。

風来坊も会社を経営していますが
(私は会長で実質的には社長が経営)
クレジット機能のないガソリンカードを使っています。




新設法人も持てるガソリンカード

新設法人でも持てるガソリンカード 新設法人は審査が厳しい

新設法人でも持てるガソリンカード

新設法人でも持てるガソリンカード

今は極端な話 1円の資本金でも
株式会社を設立することができます。

が しかし 信用は得られないですよね。

カードの発行にしてもそうですが
少ない資本金の新設法人には
審査が通らないと言われています。

風来坊の知り合いは
200万の資本金で
銀行系のカードの審査が通りましたけど。

新設法人でも持てるガソリンカード 高速情報共同組合

カードを申請するにも
あれ出せ これ出せ と結構面倒なもんです。

その挙句 審査に通らなかった では厳しいですよね。

だったら クレジット機能はないけど
最初から審査のないガソリンカードを申し込んだ方が
手っ取り早いです。

社員に持たせるには
逆にクレジット機能がない方が安心
という面もあるかもしれません。

そんな時重宝なのが

高速情報共同組合

のガソリンカードです。

うん? 高速情報共同組合? 聞いたことないけど何それ?

と思いましたよね。

実は 設立から20年以上経つ
れっきとした共同組合なんですね。

詳しくはこちらを見てください。

↓ ↓ ↓ ↓



中小企業の事業を多角的にアシストする「高速情報協同組合」。
異業種交流や各種共同購買・共同利用を通じて
事業経営を効率よくサポートします。
コストの削減や新たな経営戦略に役立つ情報の提供・交流など、
経営の促進を目指した事業協同組合です。

だそうです。

当初の設立の目的は
ガソリンなどの消耗品や備品をまとめて安く買おう
だったらしいです。

新設法人でも持てるガソリンカード
クレジットカードで払ってた法人も

社長個人のクレジットカードで支払いをして
後で会社からもらう
ということをしている方も多いでしょう。

でもクレジットカード
特に個人のカードで入れると
他の支払いとごっちゃになって
わかりにくいですよね。

風来坊も使っていますけど
ガソリン専用カードは
ガソリンスタンドで使った分だけなので
後の経費処理が簡単です。

ガソリンって 山の方とかいくと
高くなります。

風来坊は箱根に仕事に行くけど
上に行くほど高くなります。

でも ガソリンカードを使うと
全国一律で 同じ値段で入れることができるんです。

新設法人でも持てるガソリンカード 会費は実質 無料

しかも年会費はなくて
最初 入会するときに10,000円必要ですが
退会するときには戻ってくるので
実質 無料になります。

なので まだ ガソリンカードを持ってなくて
現金会員かなんかで入れているのなら
作っておくべきだと思いますよ。

ENEOS と 出光 のどちらかを選べます。

ガソリン・軽油だけなので
使い過ぎる ということもない訳で。

ただし 私用とは区別してくださいね。

↓ こちらから確認できます






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする