貧乏神なんて付き合いたくないでしょ 貧乏神神社と味噌蔵 そんな神社があるの

貧乏神神社は 1998年に長野県の飯田市に建立された新しい神社。

貧乏神って嫌じゃないですか。

そんなものに憑りつかれたら。

http://www9.plala.or.jp/binbougami/

だからそれを叩き出そう ってことらしいです。

で 上諏訪にいくついでに
味噌蔵見学をしようと探していたところ
↓ こんなところを見つけたので

http://www.misokengaku.com/binbougami.html

見学がてら おもしろそうだから行ってみました。




貧乏神神社と味噌蔵

貧乏神神社と味噌蔵 貧乏神神社と諏訪大社

ということで 体験談を。

なにはともあれ 貧乏神を祭っちゃうなんて
ユニークですよね。

でも 神様って なんか反面教師みたいなところがあるらしい。

諏訪地方と言えば有名な 諏訪大社
御祭神は

建御名方(タケミナカタ)

お父さんが 出雲大社の 大国主命(オオクニヌシノミコト)

天照大神から国を譲れと言われて
戦った結果 破れて
諏訪に閉じ込められた と言われています。

つまり戦いに負けた神様なんですけど
なんと 諏訪大社は

戦いの神様

なんです。

実は結構 そういう神様を祭っている神社は多いらしいですよ。

だから貧乏神神社もそういうことなんでしょうけど
お参りの仕方は全然 違います。

貧乏神神社と味噌蔵 貧乏神神社の分社

味噌の健康効果

茅野市の味噌蔵

丸井伊藤商店

の貧乏神神社は 飯田市の本社の諏訪分社です。

味噌蔵というか直売店の中を通っていくと
一番奥に 貧乏神神社が鎮座しています。

観光地に良くあるスタイルですね。

目的の場所まで行く間
あるいは 目的地を見終わったあと
売店を通らなければ外に出られない という。

でも こんな小さな味噌蔵に
観光バスもきているところを見ると
ご利益ありそう。

貧乏神神社と味噌蔵 お参りの仕方

お参り というか
貧乏神を追い出すのが目的なので
普通の神社のように

決して手を合わせて拝まないように!!

だそうです。

貧乏神神社と味噌蔵

まず 貧乏 という棒(洒落がきいてますね)で
御神木を3回叩きます。

貧乏出て行け!!
こんちくしょう!!

とかの掛け声とともに。

その後 3回 足で蹴とばします。

貧乏神神社と味噌蔵

最後に 貧乏神のご神体に向けて
味噌の材料である 大豆 を投げつけます。

貧乏神って 焼き味噌が好きらしい。

なので 味噌蔵に居着くのだとか。

貧乏神神社と味噌蔵

その後 隣にある

おかめ神社

で 普通の神社と同じように参拝して
おかめのほほを撫でて終了。

これで ご利益多し!!

風来坊は諏訪への営業の帰りなので

必ずや 営業の成果が出る!!

と確信して帰路につきました。

貧乏神神社と味噌蔵

貧乏神神社と味噌蔵

貧乏神神社と味噌蔵 ご利益って本当にある?

今は パワースポット と呼ぶことが多いですけど
ご利益って本当にあるんでしょうか?

そんなもの気休めだよ
という人もいれば
真剣に拝む人もいます。

ただ 成功している人の多くは
神社仏閣に真剣にお参りしている
という事実はあります。

ちなみに 織田信長は 諏訪大社を焼き討ちしていますが
結果はご存じの通り。

逆に 徳川家康は再建して
天下泰平が実現している。

まあでも 織田信長も
熱田神宮とか 他の神社を崇拝していたようですけどね。

努力した者が成功するとは限らない。
しかし、成功する者は皆努力している (ベートーベン)

神社に真剣にお参りするものが成功するとは限らない。
しかし、成功するものは皆神社に真剣にお参りしている (湘南の風来坊)

ってところかな。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする