シベリアというパン 知ってる 横浜野毛のコティベーカリー

去年のNHKの朝ドラ
『とと姉ちゃん』で有名になってしまった

横浜 野毛(桜木町)の

コティベーカリーさんの

シベリア

何でシベリアなのか知らべてみると
諸説あるようで・・・




シベリアというパン(お菓子?) 昔懐かしい味

シベリアというパン どんなの

さて ↓ こんなのです。

シベリアというパン

今 あまり売ってないんじゃないかなぁ

最近はやりのパン屋さんにはまずないでしょう。

昔ながらのパン屋さんなら作ってるところもあるかもしれないね。

簡単に言うと
カステラに羊羹をサンドイッチした

うん? 使い方が間違ってるか

サンドゥイッチは人の名前だから
(人名ではなくて 伯爵名と言いう説もある)
サンドイッチした は正確にはおかしいね。

まあ そんなことはどうでもいいけど
要するにそんなもんです。

う~ん 食べておいしいかといわれると 微妙。

近頃のパン屋さんのパンの方が
断然おいしい と言わざるを得ないな。

去年のNHKの朝ドラ とと姉ちゃんで
主人公が食べていたことで一時話題になったよね。

シベリアというパン シベリアの名前の由来

なんで これがシベリアなのか
イマイチよくわからないよね。

諸説あるようですよ。

ウイキペディアによると

1、羊羹をシベリアの永久凍土に見立てたという説、

2、カステラの部分を氷原に、
羊羹の部分をシベリア鉄道の線路に見立てたという説、

3、シベリア出兵にちなんだものだからという説、

4、日露戦争に従軍していた菓子職人が考案した説

2、の説が一般的には言われているようだね。

何にしても シベリアにはこんなパン(お菓子)はないので
ナポリにはない ナポリタンみたいなもんで
日本発祥のようです。

シベリアというパン どこで買えるの

どこで買えるのかと言われても困るけど
風来坊が知ってるのは
横浜 野毛
住所でいうと
中区花咲町(はなざきちょう ざ と濁るのが本当らしい)
駅だと桜木町が最寄り。

シベリアでは一番有名みたいだね。

写真のシベリアもここのだよ。

桜木町や野毛界隈は
風来坊 地元だったから
よく知ってるけど
(中学が野毛山動物園の隣)
昔はコティベーカリーさん
話題にも上らなかったなぁ。

知らなかっただけかもしれないけど。

とにかく古い街で
コティベーカリーさんも
大正5年の創業
風来坊 生まれてない(^_-)-☆

↓ ホームページはこちら

http://www.geocities.jp/coty_bakery/

通販もやってるようです。

シベリアだけじゃなくて
普通のパンも売ってるよ。

風来坊はこの時
甘食(おっぱいパン ← こう呼ばなかった?)
も一緒に買った。

甘食は牛乳に浸けて食べるのが一番だよね。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする