酉の市(お酉さま)に行ってみたい 横浜の酉の市

酉の市に行ってみたい




酉の市(お酉さま)に行ってみたい

酉の市(お酉さま)に行ってみたい   酉の市 って知ってる?

知ってるから風来坊のブログ見てくれてるんだよね。

でも もしかしたら 行きたいと思いながら
まだ行ったことがない
という 人もいるかもしれないね。

そんなあなたに風来坊の
酉の市マニュアルを教えてあげよう。

なんと言っても 酉の市マニア
と言ってもいいくらい
毎年 行ってるからね。

しかも 同じ年に 2箇所 3箇所 行くこともあるし。

 酉の市に行ってみたい そもそも 酉の市って何?

今では 商売繁盛の熊手を売っている市
ということで知られているよね。

元々は 武運長久、開運、商売繁盛の神として信仰される
鷲神社 (日本武尊(やまとたけるのみこと)を祀っている)の
お祭り と言っていいのかな。

日本で最大の酉の市が

浅草の鷲神社の酉の市
ついで 有名なのが
新宿 花園神社の酉の市
加えて 風来坊行ったことないけど
府中の 大國魂神社の酉の市

これが関東三大酉の市だそうです。

で 今年は 11月11日と11月23日が酉の日なので
その両日に開催されます。

酉の市に行ってみたい 横浜 金刀比羅大鷲神社の酉の市

で 風来坊 毎年行くのが

横浜 金刀比羅大鷲神社 の酉の市

落語家の 桂 歌丸 さんが今も住んでいる
横浜市南区真金町だね。

中区と南区の堺くらいかな。

風来坊の準地元って言っていいかも。

毎年 すごい人出でごった返すけど
新宿や浅草と比べたら
もう 比べるべくもないなぁ
残念ながら。

でも 向こうがすご過ぎるんだけどな。

だから 横浜あたりが丁度いいと思うんだ。

行き方は 横浜市営地下鉄ブルーライン
伊勢佐木長者町駅の改札を出て
左方面に行って
どの出口を出ても
すぐにわかるよ。

とは言っても
改札を左にまっすぐ行って
階段を登った 大通り公園に出るのが
一番いいかな。

迷うことはないと思う。

露店が出て 賑わってるのが
すぐにわかるから。

横浜は熊手を売る露店が
道路の片側(駅から行って右側)に
10数店かな。

数としては 随分と少なくなってしまったけど
賑わいは 歩けないくらいの賑わいだよ。

各種 露店も数えきれないくらい出てるし。

風来坊 こういう雰囲気 好きなんだよね。

肝心の 金刀比羅大鷲神社 へは

熊手を売っているところを通り過ぎて
最初の左へ曲がる道を
左に入って行けば着くんだけど・・・・

この道が やっぱり混んでて
なかなかたどりつけないんだな。

まあ 露店を眺めながら
ゆっくりと行くのもいいでしょう。

でね 横浜の場合
他の酉の市と違って
神社の境内ではなくて
道路を封鎖してやるんだよね。

その道路が 今では
首都高の入り口につながっている幹線道路なので
夜中の12時から夜中の12時までの
24時間ってわけにいかないんだね。

なので 今は
酉の日の お昼12時から 夜中の12時までの
12時間しかやってない。

新宿なんか 前夜祭もあって
前日のお昼過ぎからやってるからね。

酉の市に行ってみたい 熊手の種類

で 熊手を買ってみようと思ったら
まずは熊手にも種類があるのを知っておこう。

1つは 昔ながらの いわゆる 熊手

↓ こういうのね

酉の市に行ってみたい

もう一つは 置くタイプ

↓ こういうの

酉の市に行ってみたい

なに! 熊手じゃないじゃぁ~~ん
って突っ込みが来そうだね。

↓ こういうふうに 後ろにちょっと熊手が付いているのもある

酉の市に行ってみたい

風来坊は 今は置くタイプ

以前 大きく商売をやっていた時には
熊手が大きくなり過ぎちゃって
飾るところがなくて
最後には 置くタイプの大きいのにした。

タイプは好みで選んでね。

酉の市に行ってみたい 熊手の買い方

で 好みの熊手が見つかったら
買いたいよね。

ところが 値段がどこにも書いてないんだ。

すべて交渉でことが運ぶという
昔ながらの習慣を守っているのかな。

江戸時代に 掛け値なし 現金販売
で成功したのが 越後屋呉服店
今の三越だね。

だから 昔は 掛け値あり
すなわち 最初は値段を吹っかけて
そこから値切っていく
という商売が当たり前だったんだ。

それが 現代でも見られる
珍しい場所が 酉の市 と言ってもいいかもしれない。

なので 言い値で買ってはダメだよ。

必ず値切らなきゃ。

まあ これも楽しみの一つなんだな。

どのくらい値切るのかは あなた次第。

なんだけどぉ~~

粋な買い方 ってのがあって
値切っておいて 

よし買った!

と言いながら 最初の言い値を置いてくる
これが粋な買い方らしい。

風来坊も知らなかったんだけどね。

縁起物なので あなたもこんな粋な買い方 してみて。


酉の市に行ってみたい 熊手の飾り方

熊手を手に入れて帰ってきました。

さあ どこにどうやって飾ったらいいんだろう。

あなたの家によって
色々と方法はあるんだ。

まずは玄関に 入口に向かって飾る。

でも これは今はあまりしないかな。

次に 部屋の上の方に
日の出る方角
東だね
または その年の恵方の方角
に向けて飾る。

置くタイプでも
できるだけ上の方がいいでしょう。

神棚があれば 神棚へ。

これが一番多いんじゃないでしょうか。

神棚はだいたい東か南向きでしょう。

まあ 北に向いていなければOKみたいですよ。

お店の場合も多いよね。

お店の場合でも
上の方
東か恵方に向かって飾ってね。

さあ これで あなたのお店 商売 事業の繁栄
間違いなしだ!!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする